ギックリ腰、寝違え注意報発令!!

2018.10.26

ギックリ腰、寝違え注意報発令!!

こんにちは!!( *´艸`)


少しずつ、季節が秋へと移り替わり・・・
街の装いも変わってきましたね(*´ω`)
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

朝晩の時間帯や天候により気温差が大きくなる季節となりました。
この気温差に体がついてゆけず、様々な体の不調を訴える方が増える時期でもあります。

  
中でも「ギックリ腰」「寝違え」など急激な痛みを起こす症状が増加しています。
急にたち上がった時、重い荷物を持ち上げた時はもちろん、ふとした瞬間やくしゃみをした時な負荷がかかった際に、筋肉がひきつり、動けないほどの痛み発生します。


時間が経過すると回復する傾向にありますが、痛みやしびれが取れない、など後々まで様々な影響を与えることがあります。
まずは、ぎっくり腰や寝違えにならないために体のケアをしっかりしましょう。
筋肉が凝り固まり疲れが溜まってしまうと血流が悪くなり老廃物がたまってしまいます。しっかりと体を温めケアをしていきましょうね。


もし、仮にぎっくり腰、寝違えになってしまった場合の当院でおススメしている
対処方法をお伝えします。

無理やりに和らげようと
マッサージしたり伸ばしたりすると余計に筋肉がひきつり痛みが悪化したり回復が遅くなることがよくあるため当院ではまず患部を冷やします(10分冷やし30分ほど休憩を1セットとしてこれの繰り返し)
急性症状の場合は体を温めることもよくありません。
捻挫などと同様に、炎症を抑えるために最初は冷やしてあげることが肝心です。
まずは動かず絶対安静にしましょう。


痛みが和らいできたら徐々に体を動かし、通常の生活に戻るよう体のケアをするために
治療で筋肉のケアをはじめ、骨盤の歪みなどへのアプローチなども行い再発の防止に努めていきたいと思います。

もし体に違和感を感じたり不安がある場合は、迷わず当院にご連絡くださいね!

誠心誠意対応をさせて頂きます!(^^)/



院長 今井 厚